ROD

シーバス

アピアのシーバスロッドは優秀なプロスタッフの実戦から得られるフィードバックを礎にさらなる進化を遂げていく革新的なブランク、先進のコンポーネンツを搭載したフラッグシップモデルから、最新のシーバスシーンに臨んで、アピアが提案するスタンダードモデルまで充実のラインナップ。

フィールド適合表

ロックショア

ヒラマサ・ブリ・カンパチに代表される「青物」は日本の沿岸海域に生息するもっともパワフルかつアグレッシブな好敵手。
彼らとの逢瀬に臨むロッドには限りなく求められる理想があるアピアのテクノロジーはロッドを磨き、ターゲットとアングラーに語りかける。

ターゲット別

ルアー別

シチュエーション別

ライトゲーム

余暇を愉しむ、釣技を究める。世界に類を観ないくらい繊細な日本のライトゲーム。
静謐の中にこそ、歓喜につながる心の緊張が存在する小気味よい魚信を伝える魅力的なターゲットたちとの会話に大切な時間を見出すアングラーへ。

海と出会う。海を拓く。献上真也

僕がルアーフィッシングに出会ったのは、中学2年生の頃だった。バスフィッシングで覚えたアプローチを近所の海で試せば、どんな魚達が釣れるのだろうか。その全てがまるで冒険のような感覚で、あの場所が良いなら、もしかすると近くのあそこも?まだ試していないこの場所にはどんな魚達が居るのだろうか?トラウトロッドを流用したライトタックルを相棒に、自分にとって未知の世界である海という存在に、目をギラギラさせながら、とにかく夢中になって走り周っていた頃を思い出すと笑えてしまうエピソードも沢山あるのだけれど、過ぎ行く時間の中で偶然にも出会えていったのが、アジやメバルやチヌというライトゲームカテゴリーにおける大きな存在であったし、身近な場所で数え切れない程沢山の魚達に遭遇しながら瀬戸内海の豊かさに感動を覚えていった。あれからもう20年以上経過してしまったが、目の前に広がる広大なフィールドには現在も数多くの魚達が存在し、その無限の可能性を追求していく事に未だ夢中である。先週のあの場所へ行ってみよう。会社帰りに少し出来た空き時間を利用した軽装であっても楽しめてしまうのがライトゲームの間口の広さの一つでもある。車を駐車スペースに止めたら、トランクルームから恐ろしく進化したロッドを取り出して、リールをセットする。まるで宝石箱のように大切な小さなBOXに、可愛いサイズのルアー達を詰め込んで、子供の頃のあの時と変わらずワクワクしながら足を進める。僅か1g程の小さく軽量なジグヘッドリグを操りながら、実に繊細な

世界の中で魚達の機嫌を探りながら対話していく至福の時間。時には、たった0.2gの違いで調和しきれない場面もある。僅かにラインが太いことで思い通りにアプローチできない時もあれば、僅かにフックが大きかったり小さかったことで上手くフッキングしない繊細な場面もある。そうかと思えば10gの青龍ミニで激しく誘いを掛けるのが大当たりだったりする日もある。地上から見ればいつもと同じ景色のように見えてしまうのだけれど海の中では、様々な魚達が厳しい自然の中で少しでも効率良く生きながら子孫を残していく為に、シーズナルパターンがある。どの釣りも突き詰めていけばいく程に本当に奥深く、もっともっと色々知ってみたい衝動に駆られる。小さなルアー達を使用したライトゲームであれば、いつ何が釣れてしまってもおかしくない。逆に釣れない魚を探すほうが早いぐらい多くの魚達を魅了してしまうゲームである。肩の力を抜いて、自分の住む身近な場所でどんな魚達が楽しませてくれるのかを探り歩くスタイルが僕の原点であったように、今からライトゲームに挑戦してみようと考えている方々にとっての第一歩の楽しみ方であることは今も昔も変わらない。Legacyを持って四季折々の魚達を探しに出掛けてみよう。そこには、きっと素晴らしい世界が広がっているのだから。
献上真也について

魚種別

  • field01field01

シチュエーション別

ルアー別