Hbait 静から動へ。静寂を打ち破るハンドルミノー

アングラーが積極的に操作する事を目的として生まれたミノー。シーバスのミノープラグの中において形状はかなりスリムで、サヨリやマイクロベイトなどを捕食しているような、セレクティブな状況下で口を使わせる事が出来る。基本的な使い方はただ巻き。潜行レンジが浅く、干潮間際に訪れるシャローの時合攻略には欠かせない表層系ミノー。

[全長] 140mm [重量] 14g [タイプ] スローフローティング
[アクション] デリケートスローピッチウォブンロール
[潜行レンジ] 20~40cm [フック] ST46 #6(フックチューン ST46 #5〜4)
[価格] ¥1,980(税込¥2,079)

松尾道洋プロデュース

釣れないボイルを攻略する

松尾 道洋

今回開発した食わせ系ミノーは攻略が難しいサヨリパターンにも対応できるもので、その他明暗部などで見られる「釣れないボイル」を攻略する事を目標とした。中でもサヨリパターンは特異な部類で、食わす事が難しいとされているが、その理由はサヨリの動きに起因するものだと考え、その特徴を考察することから開発は始まる。まず、魚系ベイトの動きを観察すると、それぞれに特徴がある事がわかる。例えばボラの場合は、頭に近い部分を支点に胴体~尻尾までをウネウネと左右に振る「ウォブン(ウォブル)」の動きが強く見られる。イワシなどはアクションで言えばロール主体で、それに対応しているルアーは数知れない。それだけメジャーなベイトであると言えるだろう。では、サヨリはどうか?動き自体はロール主体のウォブンロールだが、主に尾ひれ付近を推進力としており、胴体から発する波動はかなり少ない感じに見受けられる。これが他の魚と少し違う所で、ルアーで動きを再現させる難しさに繋がっているのだろう。頭~胴体が支点で、推進力が尾ひれとなると、リップやヘッドに水を当ててアクションをさせるミノーのメカニズム上、泳ぎを再現させるのは難しい。

よく、リップを削る事でアクションを抑えて対応するのはその為だが、これは頭~胴体の動きが再現出来ても、重要な尾ひれの動きが再現されていないので、結局パターン自体に再現性を持たす事が難しかった。
そこで、今回のルアーはテール位置を少し膨らませ、水流を受ける事で波動を出す形をとっている。これならミノーとしての造形美を保ったまま、尾ひれの波動を再現できる。ミノー自体は控えめなアクションで、通常のリトリーブでは僅かにロールに振る設定となっている。これはサヨリのみならず、体力を落とした落ちアユや、スリムベイトのバチなどのパターンやスレたシーバスにもマッチしてくるだろう。水流などの地域差も視野に入れ、番手を上げてのフックチューンでここから更に動きを抑える事も出来るよう、あえての2フックバージョン。繊細なバランス保持を重視した事による固定重心システムを採用している。
松尾道洋について

スレたシーバスに効く!スリムフローティングミノー 「H-bait」(エイチベイト)
コンセプト

パターンの切り替えが出来るルアーほど短時間勝負に向いている。

松尾 道洋

朝マヅメにシャローへと差す魚に強いルアー。H-baitもその一つである。これにはまず、簡単にマヅメに起こる食物連鎖のメカニズムを説明しなければならない。照度が上がると植物性プランクトンの活動が活発化し、それらにアミ類などの動物性プランクトンが集まって来る。そしてイワシ、イナなどの小魚へと繋がり、この連鎖は上位に君臨するシーバスへ向かう。注目するのはこの連鎖の途中、小魚が入る寸前である。H-baitは140mmというスペックながら、波動をあまり出さない使い方が容易に出来るルアーである。小魚が入る前であるマイクロベイトの段階から、既に連鎖の頂点までを見据えたタクティクスを組めるという事である。これがいかに重要か、マヅメの短い時合を知るシーバスアングラーならば理解頂けるのではないかと思う。
松尾 道洋について

食わない状況に遭遇。そんな時、投げるのは必ずH-bait。

北添 貴行

H-baitは、幅広いシーズナルパターンやベイトパターンにアジャストすることが可能で、一年を通して使用頻度が高い。僕の地元、高知県では秋口に「エビとサヨリの特殊な複合ベイトパターン」があるのだが、ボイルしているのにあの手この手で攻めるも歯が立たず、結局、攻め過ぎによって警戒心も強くなりルアーへの反応が悪くなるということが往々にしてあった。それが細身のシルエット・控えめな動き・尾びれの波動を演出するテイルの膨らみなど、警戒心の強い魚に迷わず口を使わせる要素が盛り込まれているH-baitの水面引き・水面直下引きで狙うと面白いように攻略できるようになった。今やこのような状況で出くわすとまずはH-baitから投げるほどのコンフィデンスを持っている。
北添 貴行について

カラー

  • 01 サヨリパール
    01 サヨリパール
  • 02 レッドヘッドホロ
    02 レッドヘッドホロ
  • 03 チャートバックピーチ
    03 チャートバックピーチ
  • 04 イワシ
    04 イワシ
  • 05 イナッコ
    05 イナッコ
  • 06 コットンキャンディー
    06 コットンキャンディー
  • 07 グラデイワシ
    07 グラデイワシ
  • 08 黒銀香魚
    08 黒銀香魚
  • 09 ドクロべえ
    09 ドクロべえ
  • 10 イエローサンドスルー
    10 イエローサンドスルー
  • 11 マツオデラックス
    11 マツオデラックス

裏カラー

  • 101 落ちアユ(季節限定)
    101 落ちアユ(季節限定)
  • 102 MURAOKAバチ(季節限定)
    102 MURAOKAバチ(季節限定)

MOVIE

ルアー トップ