CHINUPARA DODGE根掛かりを軽減!「起き上がりこぼし」システムでフックは常に上向き!

2014年にリリースしたCHINUPARA DODGEをリニューアル。
黒鯛の雑食性の強さは知られるところで、貝類や甲殻類、小魚の他に海藻類やコーン...スイカなど..とにかく何でも食べる魚という事もあり、遊び心ある新しいカラーをラインナップ。また、ストラクチャー志向の強い黒鯛はボトムをどれだけ攻められるかが攻略の糸口。
CHINUPARA DODGEは樹脂で鉛をオーバーラップ。超低重心+ウエイトバランスにより根掛かりを極力軽減。起き上がりこぼしシステムでは常にフックポイントが上向きとなり、フッキング率も大幅にUP。ノーマルでの使用以外に、ワームをセットしてのトレーラー仕様ももちろんOK。

[全長] 53mm [重量] 5g / 7g / 10g
[価格] ¥790(税別)

巻いて良し・止めて良し。これ一つでボトムパターンの多くをフォローしてくれるはずだ。
CHINUPARA DODGE

低重心で姿勢を常に安定させ、
高いフッキング率と根掛かり回避率を両立。

鉛を樹脂でラッピングする意味。本体上部は軽く、下部は重い事で常に立ち姿勢を維持できる。比重の違う素材の組み合わせにより、流れを受ける事でリグ本体が左右に揺れるとラバーが踊り、一か所で止めて誘う使い方ができる。これはストラクチャーへの依存度が高いチヌの攻略に効果的だし、水温低下による低活性時でも有効だ。
鉛部分は底面がフラットになっている為、フォール速度も従来のものより遅く、上から落ちてくるものに強い反応を示すチヌに対して理にかなった形状になっている。
また、搭載するシングルフックは常にボトムから離れており、フッキングポイントになる針先が常に上を向いているという特徴がある。追い食いや居食いなど、捕食の方法が多岐に渡る上に、口顎周りが硬いチヌに対して、このフックの向きはとても重要となる。
ボディ自体も「おきあがりこぼし」の形状・バランス設定になっている為、トレーラー仕様にした場合も高いフッキング率を誇っているのがこのチヌパラドッヂの強みと言える。
魚は小さくなるほどフッキングが難しく、特に口の小さなチヌは尚更である。チヌパラドッヂのシステムはこれまで乗せきれなかった小さなバイトをフッキングに持ち込んでくれる。
巻いて良し・止めて良し。これ一つでボトムパターンの多くをフォローしてくれるはずだ。

カラー

  • 01 イガイ
    01 イガイ
  • 02 アサリ
    02 アサリ
  • 03 ナスビ
    03 ナスビ
  • 04 テントウムシ
    04 テントウムシ
  • 05 ミツバチ
    05 ミツバチ
  • 06 アマガエル
    06 アマガエル
  • 07 スマイルコーン
    07 スマイルコーン
  • 08 アワビ
    08 アワビ
ルアー トップ