PUNCH LINE 130 
        大きくなっても「投げて巻くだけ」。飛んで泳ぐ最終ウェポン!磯やサーフで本領発揮!

強風下でも負けない飛距離が必要なサーフゲームや、サラシの中で存在感が必要になる磯のヒラスズキ。シチュエーションによって強度も求められる、青物のキャスティングゲームまでをカバー。ルアーの存在感を感じられるヘッド形状は、遠投が必要な場面や荒れた状況であるほど効果を体感。巻いて食わす・止めて食わす・フォールで食わすなど、シンキングペンシルが持つ幅広いメソッドでターゲットを攻略可能。デイゲームが主体のサーフ・磯を考慮し、日中向きのカラーを中心にラインナップ。大型対応にフックチューンも可能な2フックシステム・HEAVY DUTYな貫通ワイヤーシステムを採用。

[全長] 130mm [重量] 36g [タイプ] シンキング
[アクション] S字スラローム+ローリングフォール [フック] #2
[価格] ¥1,980(税別)

専用成形ウエイトモデル!

飛ぶこと以上に得られる満足感。

永島 規史

「誰よりも遠くへ投げたい」-それは、アングラー誰しもが持つ欲求だろう。自身の立つフィールドが、水平線しか見えないような広大なサーフや向かい風吹き荒れる荒磯であれば尚更だ。しかし、飛びを重視させるばかりに、ターゲットに対し魅力的な泳ぎが損なわれる。APIAとして今から世に出す以上、そんなルアーであっては意味がない。「これで、O.K.のはず」と思って出来上がったサンプルに、何度ダメ出しを繰り返したことか。故に、それ以上の満足感を持って仕上がったのが『パンチライン 130』だ。
ただ、飛ぶだけではない。青物を狙ったファストリトリーブでも暴れ過ぎず崩れず、飛び出さないバランス。波打ち際の引き波を利用するだけでもヒラメを誘える泳ぎ。例えサラシが広がっていてもシビアな面を見せるヒラスズキに対し、カレントに任せたスローな流し込みで口を使わせる繊細なアプローチもこなす。勿論、『パンチライン』たる適度な引き抵抗感も継承。そして、貫通ワイヤー仕様や大型フック搭載可能な2フックシステムなど、ランカークラスへの備えも万全。
唯一の失敗と言えば、付けるはずだった『爆飛び』というサブネームを忘れたことか(笑)
永島 規史について

飛距離と泳ぎの両立が
攻略のイメージを掻き立てる。

松尾 道洋

パンチライン130は投げて気持ちの良いルアーだ。単純明快に飛ぶからである。しかし、それだけではシリーズとしての系譜を継いでいる事にはならない。パンチラインは2011年に発売され今年で7年目となるが、このシリーズで大事なのは、投げて巻くだけで「泳ぐ事」にある。
この当たり前のような言葉も、飛距離ばかりを追いかけると当たり前ではなくなってしまう。飛んで泳ぐ、この両立はリップを持たないルアーにとってちょっとしたハードルなのだ。後方重心に寄せれば飛距離は出るが泳ぎが悪くなる。更には良好なフォール姿勢も見込めない。見た目のシンプルさから大味なルアーに思えるが、シンキングペンシルの用途を全て満たすのに案外と苦労したルアーである。
ユーザーの皆さんには磯やサーフを中心に酷使してもらえるよう、貫通ワイヤー採用の2フックシステムを採用したHEAVY DUTY仕様となっている。荒れた磯で青物を追いかけたり、サラシの中に潜むヒラスズキを狙ったり、攻略のイメージは容易に湧くのではないだろうか?
また、サーフにも積極的に投入してもらいたい。磯、サーフの釣りはいずれも強風下での釣りが想定され、タックルの選定は限定的でもある。パンチライン130はその限定的な中に鎮座する、使えるルアーのはずだ。
松尾 道洋について

カラー

  • 01 チャートバックパール
    01 チャートバックパール
  • 02 イワシ
    02 イワシ
  • 03 セグロイワシ
    03 セグロイワシ
  • 04 ボラ
    04 ボラ
  • 05 クラウンキャンディGLX
    05 クラウンキャンディGLX
  • 06 マツオデラックス(松尾SP)
    06 マツオデラックス(松尾SP)
  • 07 CHモヒート(RED中村SP)
    07 CHモヒート(RED中村SP)
  • 08 アカキンピンク
    08 アカキンピンク
  • 09 ブルピンキャンディ
    09 ブルピンキャンディ
  • 10 黒銀サラシ(松尾SP)
    10 黒銀サラシ(松尾SP)
  • 11 アクアグリーン
    11 アクアグリーン
  • 12 アカキンGLX
    12 アカキンGLX
ルアー トップ