HYDRO UPPER 55S ハイドロアッパーミニサイズ。使い方は無限大。

メバルを中心にクロダイなどのライトゲームやマイクロベイトパターンのシーバスゲームに。巻くと浮き上がる浮上設計で、ウィードやゴロタ周辺に潜むターゲットにも積極的にアプローチ。表層引き波のティザー効果を発揮し、フィッシュイーターへ強烈にアピール。巻いて寄せる、止めて食わせるなど様々なパターンを楽しめる。シミーフォールでも緩やかにロールを発動しバイトのチャンスを拡大。ジグヘッドリグやフローティングミノーでは攻略が難しい沖の表層攻略にも。

[全長] 55mm [重量] 5.5g [タイプ] シンキング
[アクション] 可変タイトロールアクション [フック] DECOY Y-F33B #12
[価格] ¥1,430(税別)

HYDRO UPPER 55Sの特徴

シャロープラッギングでの
ストレスフリー。

永島 規史

「遠くのポイントを狙いたい。広範囲を探りたい。けど、単に飛距離を求めて重いルアーを投げるだけでは根掛かりのリスクもある」...メバルをプラグで狙う場合、そんな悩みに直面したアングラーも多いことだろう。特にプラッギングでメインステージとなる磯や岩礁エリア・干潟・サーフなどのシャローエリアは、点在する海藻や沈み根周りを狙うことがキャッチへの近道でもある。しかし、小型プラグに加重するとレンジを下げるばかりか、本来狙うべきポイントに対しストレスも増すことに。その点【浮上系シンペン】であるハイドロアッパーは、求める以上の飛距離と表層レンジ攻略を両立してくれる。また、マイクロベイトパターンによるシーバスゲームでの使用も考慮しフックは#12を標準搭載しているが、よりメバルに寄せてスローを意識するなら#14への変更も可。フックチューンに対するバランス保持力も高く、飛距離と合わせ安定した沈下姿勢を可能にしたのが、一部搭載したタングステンウェイトだ。しかし、時にメバルはレンジに対してシビアな面を見せることも。そんな時は、パンチライン45&60との使い分けによりプラッギングでの攻略幅を広げてくることも付け加えておこう。
永島 規史について

誘って食わす力が秀逸。

松尾 道洋

表層を意識していない魚を意識させることが出来るルアー。巻くと浮き上がる為、ルアーが通った後は水面波紋のティザー効果が生まれる。これに滅法弱いのが、チェイスという行動を起こすフィッシュイーターである。中でもシーバスやクロダイは追い食い傾向があり一度ハイドロアッパーを見つけると食うまで追ってくる事も多い。例えばこれをポッパーやペンシルで行う場合は、こちらがアクション付けをして誘う必要があるが、ハイドロアッパーの場合は投げて巻くだけである。それと何より違うのは飛距離だ。例えば同サイズのポッパーやペンシルはどう工夫しても30m程度しか投げる事が出来ない。マイクロベイトに限った話では無いが、ターゲットをトップウォーターで攻略する場合、追わす距離も考えれば30mという距離はハッキリ言って短すぎる。スイッチを入れてチェイスへと持ち込んでも、食わせるまでに魚のテリトリーから外れてしまうのだ。ハイドロアッパー55Sは小粒ながら、ライトタックルで40m以上の飛距離を叩き出す圧倒的な武器があり、食わせるまでの間を十分に確保できる。また、動きを犠牲にせずにこれを成し遂げたのも誇れる部分である。藻場のメバルが飛び出してきたり、遠浅のフィールドで水面を爆発させたりと、楽しみ方は無限大である。
松尾 道洋について

カラー

  • 01 シラス一番
    01 シラス一番
  • 02 KJギーゴ(献上SP)
    02 KJギーゴ(献上SP)
  • 03 コイカ
    03 コイカ
  • 04 クリアチャートラメ
    04 クリアチャートラメ
  • 05 クリアシュリンプ
    05 クリアシュリンプ
  • 06 クラシックレッドヘッド
    06 クラシックレッドヘッド
  • 07 ボラ
    07 ボラ
  • 08 チャートバックパール
    08 チャートバックパール
  • 09 クラウンキャンディGLX
    09 クラウンキャンディGLX
  • 10 CHモヒート(RED中村SP)
    10 CHモヒート(RED中村SP)
  • 11 マツオデラックス(松尾SP)
    11 マツオデラックス(松尾SP)

MOVIE

ルアー トップ