DOVER99F さあ、食われてこい。一口サイズの99mm シリーズ第2弾「DOVER99F」

パイロットルアーとして拘り抜いて生まれた120Fを踏襲したダウンサイジングモデル。全国的なアベレージサイズに有効なボディサイズと、ランカーへの対応を共棲させた2フックシステムを搭載。水中で起こす滑らかなアクションと、ストレスを感じさせないキャスタビリティを追求したオールラウンドモデル。

[全長] 99mm [重量] 15g
[タイプ] フローティング
[アクション] ウォブンロール
[レンジ] 60〜90cm
[フック] ST-46 #4
[価格] ¥1,780(税抜)
[カラーラインナップ] 全13色

小さくなったのはサイズだけである。

松尾道洋
松尾道洋

このルアーの完成に関して、まずはDOVER120Fの開発コンセプトを再度知ってもらいたい。パイロットルアーとして、そして今後の開発機軸として作り上げたDOVER120F。このルアーが出来上がった時、ここからどんどん後に続くルアーが生まれる事を期待していた。いや、期待というよりは...出来上がった時には安堵感の方が強かった。これでようやく派生展開させられるベースが出来たと。
新しい99mmというサイズは、全国的に受け入れられやすい大きさだろう。タックルバランスに左右される事無く、且つアベレージサイズのシーバスに対し、投入する事に何らためらいを感じさせない。ルアー自体が持つトータルバランスの高さは投げれば分るはずだが、状況変化に左右され難いスペックが確実に使用頻度を高めるはずである。中でも、特段武器になるのは飛距離である。恵まれた条件から叩き出される最長飛距離では無く、体感して欲しいのはリアルな現場で叩き出す平均飛距離である。

風向き・風速、テイクバックが取り辛い場面等、フィールドには数多くの弊害があり、それもまた刻々と変化するのが常である。すなわち最高の条件というのは至極限られているのだ。DOVER99Fの良い所は、パイロットルアーとして求められるアクションを犠牲にする事無く、15gというウエイトで安定した飛距離を叩き出すという所である。この「良い所」は、アピアのランカーハントに対するこだわりを感じてもらえる部分でもある。99mmというサイズであってもランカーに臆する事無く投入出来る様、#4の2フックシステムを採用しているわけだが、簡単に言ってしまえば製品版には余裕があるという事である。この余裕はバランスの高さが実現されてこそ生まれる部分であると考える。
#4でも不安な場面に出くわしたら、#3を抱かせても良い。松尾はサスペンド化させたい時などにも番手を上げている。99mmという一口サイズもランカー対応となると、とたんに小ささを感じさせないオーラを放ってくるではないか。
松尾道洋について

カラー

  • 01 カタクチパール
    01 カタクチパール
  • 02 レッドヘッドホロ
    02 レッドヘッドホロ
  • 03 チャートバックパール
    03 チャートバックパール
  • 04 イワシ
    04 イワシ
  • 05 ボラ
    05 ボラ
  • 06 コットンキャンディ
    06 コットンキャンディ
  • 07 サッパ
    07 サッパ
  • 08 レッドブルダスト
    08 レッドブルダスト
  • 09 ブラックヘッドクリア
    09 ブラックヘッドクリア
  • 10 レッドビア(村岡SP)
    10 レッドビア(村岡SP)
  • 11 CHモヒート
    11 CHモヒート(RED中村SP)
  • 12 ハマーナイトⅡ(濱本SP)
    12 ハマーナイトⅡ(濱本SP)
  • 13 マツオデラックス(松尾SP)
    13 マツオデラックス(松尾SP)
ルアー トップ